スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

看護師が知っておきたいマネー

BANK(バンク)という言葉はイタリア語のbanco(机、ベンチ)という言葉に由来である。ヨーロッパ一古い銀行は?⇒15世紀初頭に当時大きな勢力を持っていたジェノヴァで設立、コンスルたちに管理されたサン・ジョルジョ銀行なのです。
タンス預金⇒物価が上昇している(いわゆるインフレと呼ばれる)局面では、物価が上昇した分だけその価値が目減りすることを知っておこう。たちまち生活になくてもよい資金は、どうせなら安全で金利が付く商品にお金を移した方がよいだろう。
簡単!ロイズっていうのは、ロンドン中心部のシティ(金融街)にある世界有数の保険市場なのです。同時に議会制定法の規定に基づき法人化されている、ブローカー(保険契約仲介業者)とシンジケート(団体や組合)が会員である保険組合を指す場合もあります。
保険ってなに?保険とは偶然起きる事故が原因で発生した財産上の損失を想定して、賛同する複数の者がわずかずつ保険料を出し合い、集めた積立金によって予測不可能な事故が発生した者に補てんのための保険金を給付する仕組みなのだ。
昭和14年制定、平成7年改正の保険業法の定めに則り、保険会社と呼ばれるものは生保を扱う生命保険会社あるいは損保を扱う損害保険会社のどちらかになり、いずれの形態であっても内閣総理大臣からの免許を受けた会社のほかは経営してはいけないきまり。
外貨商品。外貨両替⇒海外旅行にいくときとか外貨を手元に置いておきたい場合に活用されている。しかし日本円に不安を感じているためか、現金で外貨を保有する動きもある。為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なるのでご注意を。
結論として、第二種金融商品取引業者(一種業者とは業として行う内容が異なる)がファンド(投資信託などの形態で、投資家から 委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品)を発売し、適正に運営するためには、とんでもなく多さの「やるべきこと」、さらに「やってはいけないこと」が事細かに規定されているわけです。
結局、第二種金融商品取引業者(一種業者とは業として行う内容が異なる)がファンド(投資信託などの形態で、投資家から 委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品)を開発し、それを運営するには、目がくらむようなたくさんの、業者が「やるべきこと」、逆に「やってはいけないこと」が事細かに法律等により決められているということ。
必ず知っておくべきこととして、株式の内容⇒社債などと異なり、出資証券(有価証券)なので、株式を発行した企業は株式を手に入れた者に対しても出資金等の返済の義務は負わないのです。またさらに、株式の換金は売却という方法である。
【用語】ペイオフというのは、予測不可能な金融機関の経営破綻による破産に伴って、預金保険法で保護可能な預金者(法人・団体も含む)の預金債権につき、預金保険機構が法に基づく給付として預金者に直接支払を行う事を言います。
そのとおりロイズと言えばロンドン中心部のシティ(金融街)の全世界的に名の知られた保険市場なのである。またイギリスの議会制定法の規定で法人であるとされた、ブローカー(保険契約仲介業者)とそのシンジケートを会員としている保険組合を指す場合もある。
【用語】デリバティブっていうのは従来からのオーソドックスな金融取引、実物商品、債権取引の相場変動によって発生した危険性をかわすために考え出された金融商品の名称をいい、金融派生商品といわれることもある。
つまり安定的であることに加え活動的なこれまでにない金融システムを作り上げるためには、民間金融機関や金融グループとともに行政がそれぞれの抱える解決するべき課題にどんどん取り組んでいかなければならないと言える。
簡単?!デリバティブとは何か?従来からの金融取引に加え実物商品や債権取引の相場変動で発生したリスクを退けるために実現された金融商品でして、とくに金融派生商品という呼称を使うこともある。
西暦1998年6月、大蔵省の金融部局である銀行局や証券局等が所掌していた主な業務のうち、民間金融機関等(民間資本によって運営される銀行等)の検査・監督に関するもののセクションを分割して、当時の総理府の内部部局ではなく新外局として金融監督庁という特殊な組織を設けたということ。

JUGEMテーマ:看護師の転職



スポンサーサイト